全身脱毛を行った後に必要なお肌のケアには何がある?

全身脱毛を行った後は、サロンで冷却と保湿のケアをしてくれるのが一般的です。
ですが、いくらサロンでアフターケアをきちんとしてもらったとしても、それだけで何もしなくていい、ということではありません。
自分でもしっかりケアをしないと、肌トラブルが起きてしまうこともあるので注意しましょう。

 

全身脱毛を行った後に必要なお肌のケアは、まず日焼けをしないということです。
脱毛の施術をした後のお肌はとても敏感になっているので、少しの刺激でも反応してしまいます。
紫外線は肌へのダメージが大きいですから、脱毛した後の肌にとってはかなりの刺激になるため色素沈着を起こしやすくなります。
それに、メラニン色素に反応する光脱毛は、日焼けした肌だと痛みが強くなってしまうので、脱毛期間中はしっかり日焼け止めでガードすることも重要です。

 

もう一つ気をつけたいのは、施術当日の入浴に関することです。
最近は入浴しても大丈夫、というサロンも増えていますが、それでも熱エネルギーで毛根組織にダメージを与えているので、さらに肌の上から熱を与えるのは止めておきましょう。
特に、赤みや火照りなどの症状が出ている場合は、余計に悪化させてしまうことになりますから、温度を低めにしたシャワーを浴びる程度にしてください。
サウナや温泉、ヨガ、激しい運動なども熱を発生させてしまうので止めてください。
また、保湿のために入浴剤を使って入浴すると良い、と思い込んでいる方もいるようですが、入浴剤も刺激を与える一因となるので気をつけましょう。